肋間神経痛INFOおすすめ

肋間神経痛の症状とは | 肋間神経痛INFO

肋間神経痛の症状・治療のことなら肋間神経痛INFOに。肋間神経痛の症状や治療法はもちろん、肋間神経痛の治療が可能な首都圏の国際基準・カイロプラクティックの情報をご提供致します。

■ 肋間神経痛とは
肋間神経痛とは肋間神経とは肋骨(ろっこつ)に沿って走る神経で、これが何らかの原因で痛む症状のことを肋間神経痛といいます。

痛みはふつう片側に起こり、針で刺されたような鋭い痛みが繰り返し起こりますが、持続時間は短いです。

深呼吸や咳などで痛みが誘発され、発病は中年以降に多くなっています。原因が不明のものと明らかなものがあって、後者では脊椎の病気や帯状疱疹(たいじょうほうしん)が原因で起こることが多いですが、心臓や肺など胸部の内臓の病気が原因のこともあるので注意が必要です。

肋間神経の主な働き
神経の支配域である胸部の筋肉を動かす運動神経、または皮膚感覚などの知覚をつかさどっています。

■ 肋間神経痛の原因
肋間神経痛は、肋骨にそって、多くは片側に表れる発作的な痛みです。
様々な病気の初発症状の場合もあるので注意が必要です。

肋間神経痛はいくつかの原因で生じます。

まず一番多いのは、神経が骨や筋肉の間にはさまれて刺激されて生じる絞扼(こうやく)神経症です。これは不自然な姿勢や疲労から突然起こりますが、たいていは一時的です。

帯状疱疹(ほうしん)ウイルスが原因で痛みを生じることもあります。通常はこのウイルスに感染すると帯状の疱疹があらわれますが、まれに疱疹がでないことがあります。このような場合は、血液の検査をしないと正しい診断はつきませんが、痛みが非常に激しいことと、 2週間ぐらいで痛みが減少するのが特徴です。

突然の発症と、せきや体の動きで痛みが誘発される胸痛は、肋骨の骨折や亀裂が原因で生じることがあります。中年女性の場合は、骨粗しょう症のため、せきや弱い外力で骨折が生じる可能性があります。この場合は、姿勢の変化で痛みが増強し、呼吸や物を持ち上げるときに痛いのが特徴です。亀裂がわずかの場合は、レントゲンでもわかりづらいことがあります。
また、MRIやCTでも肋骨のわずかな亀裂は診断しにくいのです。

胸椎の圧迫骨折やがんの転移でも肋間神経痛が起こります。しかし、これは椎体の変化がありますので、レントゲンやCTで診断できます。また、がんの転移では、しばしば臥床できない、すなわち夜間、横になれず座ったままでしか眠れないこともあります。
■ 肋間神経痛の症状
肋間神経は背中から出て、胸腹部に分布する末梢神経です。

背中(胸髄)から出た12対の胸神経の前肢が肋間神経です。

上部7対は、肋骨に沿い胸骨に向かい、下部5対は前下方に向かって走行し腹部に分布します。この肋間神経の支配領域が痛むのが肋間神経痛で、頻度の高いものです。

原因は不明なものと、明らかなものがあります。

それは、原因不明の原発性肋間神経痛と、原因の明らかな続発性肋間神経痛です。原発性は、心因性の痛みや続発性の痛みを除いた上で、末梢神経になんらの病変も見出さないものをいいます。続発性は、末梢神経および脊髄の知覚神経の刺激や障害によっておこります。この原因としては、変形性脊椎症などの脊椎の病気や帯状疱疹が原因でおこることが多いのですが、胸膜炎、肺炎、肺がんなどの胸部の内臓が関係していることがあるので、注意が必要です。


症状では片側の急な激しい痛みが特徴です。

 脊椎から肋骨に沿って、激しい痛みが突然起こります。肋骨に沿った部位や腹直筋上に、指で押すと痛みがおこる圧痛点が存在することが少なくありません。
 深呼吸、せき、大きい声などで痛みが誘発されるほか、痛みのないほうに体を曲げて、
 神経を伸ばすようにしても痛みがおこります。
 痛みの持続時間は数秒から長くても数分と短いのが普通でくり返しておこります。
 また、発病は中年以降に多い傾向があります。
■ 肋間神経痛の治療
肋間神経痛の治療・一般的には、消炎鎮痛薬や湿布を用いて経過を観察します。

・外傷による場合は、胸郭を固定するため、幅広いベルトで肋骨を固定します。

・強い肋間神経痛が長引くようであれば、神経ブロックが有効です。通常は、局所麻酔薬を使用 して行います。肋骨のすぐ下を走る肋間神経に針を刺し、局所麻酔薬を注入します。神経の炎症があると思われる場合は、ステロイドと局所麻酔薬を混ぜて注入します。

・鍼治療や低周波治療などが効く場合もあります。
■ 肋間神経痛の症例  
28歳 会社経営 男性

深夜、急に右胸に激痛が走る。 肋間神経痛の症例
抑えるとさらに痛みが増す。

55歳 主婦 女性

2週間前から、何をしたわけでもなく、突然左背中から脇腹にかけて痛み出す。クシャミや深呼吸すると痛みが増強する。

32歳 会社役員 男性

右胸の鋭い痛み。
この痛みは、2ヶ月前から始まり頻度が徐々に多くなっています。特に、冷房などで身体が冷えると痛みが起こりやすく、一日に3回から5回程度痛みが現れます。呼吸によっては特に痛みが再現されることはありません。ただ、身体を側屈させると痛みが少し出る。
【首都圏の国際基準カイロプラクティック】

東京都
ハプティカイロプラクティック 
Tuchiko カイロプラクティックオフィス 【ゴルファーズクリニック】 
STARカイロプラクティック 
...more
埼玉県
クロスハート大宮カイロプラクティック 
...more
神奈川県
トリニティ カイロプラクティック 
サルーテ カイロプラクティック 
Coast Chiropractic 
...more
千葉県
北條カイロプラクティック 
ライフバランス カイロプラクティック 
カイロプラクティック 一水堂 
...more



肋間神経痛INFO


関連リンク

 肋間神経痛INFO
 肋間神経痛は何科?
 肋間神経痛INFO広告掲載
 坐骨神経痛INFO
 神経痛大百科
 自律神経失調症INFO



広告掲載や相互リンク等、
肋間神経痛INFOへの
問い合わせはこちらまで。


【免責事項】
当サイト上に掲載している情報の内容については万全を期しておりますが、これらの情報によって万が一いかなる損害が生じた場合も、当社および情報提供者としては一切の責任を負いかねますのでご了承の上、ご利用いただきますようお願い申し上げます。




運営:ブログコンサルティング会社 有限会社シフィック
Copyright © 2007-2012 肋間神経痛INFO. All rights reserved.